働く?辞める?


妊活をしようと考えたとき、仕事をしている女性は、仕事を続けるかどうかを悩む人が多いようです。
どうしても仕事をしていると不規則な生活になりがち、食生活や時間、運動不足やストレスなど、妊活に気を付けたいことが、気を付ける暇すらないかもしれないと不安になってしまう人もいます。
また、子供は欲しいけれど、仕事を優先して、妊娠のチャンスを逃してしまう人も中にはいるようです。
男性と同じように働く人や、男性以上の成果を上げている人にとって、妊娠したい気持ちと、仕事をしたい気持ちはどちらかを選択するのはとても困難な事だと思います。

もし、パートナーが女性にも働き続けて欲しいという希望や、経済的に不安があれば、仕事を続けていく必要があると思います。そして、不妊治療が必要な場合は高額な医療費がかかってきます。
仕事を辞めずに妊活を続けるのは大変なことですが、忙しく、ストレスのたまりやすい職場ならば、職種を変更してもらったり、とんな形であっても仕事をしながら妊活も頑張るのが一番良い方法かもしれません。

しかしながら、人によっては時間の調節や仕事上での調整がきかず、仕事を辞めて妊活に励む人もいます。
仕事を続けるか、辞めるかは人によって理由が違うので、どちらが正しいかははっきりとしませんが、じっくり考えた上で答えを見出してください。

妊活する上での休職は認められている会社はほとんどありません。
産休でさえ取りにくい世の中です。もしも、仕事を続けながら妊活を行う場合は、会社に伝えるべきか否かという事を考えてしまうかもしれませんが、言いにくい内容ほど、伝えるべきです。
それで優遇してくれれば最高ですが、そうでない場合もあるという事を頭において話をしてみてください。
全員に伝える必要はないので、まずは一番近く、ご自身が話しやすい上司に勇気を出して話してみてください。
話してみると気持ちがスッキリすることもあります。
理解してもらうためではなく、知っておいてもらう事がとても大切なので、「わかってもらえない」と思わないように少しだけ勇気を出してみてください。

また、仕事を辞める選択をしたとしても、それは立派な決断です。
どちらかを選択できない場合は、ひとまず、仕事を続けながら、妊活出来るかどうかを試してみるのも良いかもしれません。
出来るか出来ないかは誰にもわからない事ですので、そのような選択肢もあります。

いずれにせよ、無理しないように、妊活していくことが一番重要なことですので、負担にならないように進めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*