楽しんで妊活


妊活は心の負担が少し大きくなってしまうのは事実です。
しかしながら、この期間は準備期間ですので、妊娠していない体だからこそ、子供がまだいない今だからこそ、楽しめることは沢山あります。

例えば、お洒落をして出かけること。妊娠中はもちろん、赤ちゃんが生まれてからも、ヒールのある靴を履いてお出かけしたり、細身の服や、短いスカートなど、女性の魅力をふんだんに出せるお洒落はできる機会が減ります。
妊娠したらどんどん体型は変わるし、出産後は子供の動きに合わせた格好をついついしてしまいがち。
アクセサリーだってつけられないし、高いヒールのある靴なんて危なくて履けなくなってきます。
妊活中の今だからこそ、存分にお洒落を楽しんでください。

もしお酒を飲まれる方ならお酒も今のうちにです。体の状態を整えるのは妊活ではとても大切なので、控えめに飲んでいただく形にはなりますが、
妊娠中、授乳中の飲酒は良いものではありません、妊活中の今しか出来ないことの一つになります。
お酒を飲まれる場合には、排卵日以降は念のため飲まれないほうがよいのでご注意ください。
適度に飲むことを意識していれば、妊活中でも飲めないということはありません。

また、妊娠、出産すると体調の変化や体形の変化、出産後は子供がいることでの負担が増えるため、旅行にも行きにくくなります。
国内旅行であれば何とか行けるかもしれませんが、海外旅行はとても気が引けてしまいます。
身軽な状態で行けるときに行っておかないと、妊娠、出産すると足がどんどん遠のいてしまいますので、行きたいところにパートナーの方、お友達、ご家族と出かけるのもいい思い出となります。

遊園地や映画なども同じで、普段行き慣れている様なところ、または、あまり出向かないようなところでも、子供がお腹の中にいようが、生まれてからでもとても行きづらい場所がどんどん増えていきます。
妊娠中は特に飛行機や遊園地のアトラクション、など断られてしまうことが多くなります。

妊活では子供を授かるための時間を作るわけですが、子供がいない時間をいかに楽しむかが、妊活の時間を充実させると思います。
妊娠、出産、子育てをしている自分の状態を想像しながら、あらためて、今、何が出来るのか、何をしたいのかを考えてみると色々と浮かんでくると思います。
今じゃなきゃ出来ない事を探し、ぜひ実行してみてください。妊活中はストレスが溜まってしまう事が多くありますが、このような事は気晴らしにも繋がりますので、今を楽しめるようにプランを立ててみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*