考えなくてはいけないこと


妊活をしようとする時に考えておかなくてはいけないことがあります。
それは妊活を頑張っていても子供ができなかった時のライフプラン。
考えたくないことですが、考えておかなくてはいけない事でもあるのです。

自然妊娠も、不妊治療での妊娠も奇跡に近いことです。
体の状態をしっかり整えていても、子供は授かりものであって、作ってできるものではありません。
いつ起こるか分からない奇跡を静かに待つしかありません。

そして、自然妊娠、不妊治療を行たとしても、その小さな奇跡が起こらないこともあります。
不妊治療は完璧なものではありません。
一昔前に比べると、不妊治療を行って、子供を授かる確率はかなり上がったと言えますが、まだまだ絶対的に子供を授かる保証がないものです。

妊活を始めるときにこんな事は考えたくないことだと思います。
しかし、もし、不妊治療が必要な場合は、治療が長引けば長引くほど経済的に厳しくなっていくことも少なくありません。
不妊治療はお金がとてもかかる治療となります。その為、お金の限界が来れば、続けていくのはとても難しいもの。
その限界を超えて続けてしまえば、良い結果は生まれにくいものとなります。

また、自然妊娠を望んでいる場合も妊娠する年齢には限界があります。
その様々な限度を超えたときは覚悟が必要となります。

妊活を行う前、行っている時、どのタイミングでも良いので、どの位妊活を続けるのか、もしも子供が授かれなかった場合、パートナーと二人でその後をどうやって過ごしていくのかを話し合ってください。
辛い話し合いにはなりますが、心の負担が少ない内にある程度のプランを考えておくと、その時、頭の切り替えが楽にできます。
しっかりとしたプランを練るのではなく、今はサラッとしたプランで良いのです。

人生は「子供」だけのものではありません。「子供」がいなくても、幸せに暮らしていけるように、素敵なプランを考えてください。
子供がいれば、旅行や映画、ショッピングも行きにくくなります。行動範囲やお金に制限が出てきて、自由になることも出来なくなります。
お洒落でさえも子供が小さいうちは出来ないことも出てくるのです。その点、パートナーと二人だと何でもできるのです。

その何でも出来ることを具体化し、話し合うことで暗い気持ちも明るくなれます。
毎年どこかしらに旅行に行く、毎週どこかにお出かけする、結婚記念日や誕生日には素敵なレストランで食事をする。
「子供」がいては出来ないことを決めてみてください。

子供を授かるのは小さな奇跡です。その奇跡に巡り合うことができても、できなくても、ご自身、パートナーの方の人生が残っていることには変わりはありませんので、前向きに、プランを考えておくには大切なことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*