女性だけの問題ではありません


妊活は女性だけの課題だと思われがちですが、妊娠するためには男性の協力が不可欠です。
そして、不妊の原因も女性だけの問題ではなく、男性が問題の場合があります。
不妊の原因は女性にあると思われがちですが、不妊の原因の確率は、女性、男性ともにほぼ同率になっています。

子供を授かりたいと願うのならば、女性も男性もひとまず協力し合っていく事がとても大切になります。
自然に妊娠を望んでいてなかなか妊娠できない場合は、女性側だけでなく、男性側にももしかしたら原因があるかもしれないので、二人で検査をうけてみると良いと思います。

男性はとても自信家な人が多く、自分に原因はないと言い張る人もいるかもしれませんが、可能性は検査してからでないとわからないので、はっきり原因を突き止めたほうが、妊娠に向けて、遠回りせずに済むかもしれません。
妊活は女性と男性がお互いに話し合い、子供を授かりたいのならば、早めにスタートする事が大切です。

男性の生殖能力にも限界があり、女性ほど早くはありませんが、年を重ねていくごとに、精子に問題が出てくることもあります。
世の中の男性は女性と比べて知識が薄いせいか、結婚したら子供は自然とできると思っている人が多いと思います。
確かにそれは間違いではないかもしれませんが、結婚後2年間、普通の夫婦生活を送っていても、避妊しているなどの理由がない限り妊娠しないと不妊治療の対象になります。

いざ、子供を作ろうと思っても、すぐ出来る訳ではなく、女性も男性も生殖機能が健全で、タイミングが合わない限りできません。
なので、子供は「作るもの」ではなく、「授かるもの」なのかもしれません。

男性が不妊の原因の場合、女性よりも男性自身がショックを受ける方が多く、妊娠に関しても知識があまりないため、初めて聞くような事ばかりで、戸惑う方が多いようですので、
医師とよく相談し、女性と男性の間で話し合い、方向性を決めて下さい。

そして、男性にとって産婦人科や、不妊治療専門の病院は敷居が高く、入りにくい、少しだけプライドが傷つく場所です。
女性の方も心のケアが必要ですが、男性も心のケアは必要ですので、その場所へ行くときは、二人で支えあってください。

男性の不妊症も、女性の不妊症もどちらが悪いわけではありません。
ですので、もし、妊活を行おうと考えているのであれば、女性も男性も一緒に検査を受けてみてください。

生活習慣の改善や、自然に妊娠るようにタイミングを測った後でも構いませんが、原因が体にあるかもしれないことを頭に置いて、行動してみてください。
妊活は男性の協力が絶対的に必要な事ですので、子供を授かるようにするためには、どのようにすればいいのかを、じっくり話すことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*